2008年09月03日

福田首相辞任ですか

東証大引け・連日の大幅安 首相辞任で仕掛け売り・5カ月ぶり安値

 2日の東京株式市場で日経平均株価は連日の大幅安。終値は前日比224円71銭(1.75%)安の1万2609円47銭で、3月31日以来、約5カ月ぶりの安値を付けた。前場は前日の反動で上げる場面が目立ったが、後場に入ると地合いが一変。株価指数先物主導で一時は心理的な節目の1万2500円を割り込み、下げ幅が300円を超えた。福田康夫首相の辞任表明をきっかけに先物に仕掛け売りが出やすかったという。普段から活発な先物売買を繰り返す一部の欧州系証券による大口売りとの見方があった。引き続き米国の金融システムに対する不安感などもあり、8月22日の直近安値を割り込むと参加者の投資心理が一気に悪化。主力株にバスケット売りが膨らみ、大手銀行や主力ハイテク株など幅広い銘柄が下落した。東証株価指数(TOPIX)も続落した。

 東証1部の売買代金は概算で1兆9618億円、売買高は18億8074万株でともに前日の水準を大幅に上回った。値下がり銘柄数は1478と、全体の8割を超えるほぼ全面安。値上がりは170、変わらずは64銘柄だった。

 業種別TOPIX(全33業種)は、資源価格の下落を警戒して「鉱業」や「卸売業」をはじめ、29業種が下落。半面、「ゴム製品」や「保険業」など4業種が上昇した。〔NQN〕(02日 16:03)

-------------------------------------------------------------
原油価格が下落したので、少しは日本の株式市場が上向きになるかと思いきや
福田首相が辞任したことでマイナスになったみたいです。

そりゃ投資家からすると首相辞任で内政が一時的にでも混乱するのは
望ましくない状況だろうし。

辞意表明を見る限りでは、すでにいくらか前から決めていたようで。
タイミングを推し量っていたところもあるみたいですね。

うーん、先が読めないけどこのくらいなら13,200円で落ち着ける範囲だから
大丈夫…かな。
posted by いぐり at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。