2008年10月13日

夢の続き(OSX86 Leopard デュアルブート編)

どうにもWindowsXPとのデュアルブートが上手くいかず、何度目かの再インストールとなった。
もうインストール作業も手馴れてきた感じがある。

ハードウェアのシステム構成は変更なし。
OS等のカスタマイズ項目は以下のとおり。
iDeneb v1.3を使ってインストール(ToHはまんまと失敗)

------------------------
【iDeneb v1.3 10.5.5】
パーティションはMBRで作成。
160GBを51GBで3分割し、disk0s1に「Leopard」と名づけてOS Xを投入。
残りのdisk0s2、disk0s3はWindows用にMS-DOSフォーマットにした。気が向いたらパーティションのサイズを変更して、Mac用のドライブに25GBくらいは引っ張るつもり。

【カスタマイズ】
言語環境: Nothing
追加フォント: Nothing
X11: Nothing

Patches

Audio - AC97Audio
Chipset- AppleNForceATA,ICHx Fixed
Kernel - Kernel 9.4.0 StageXNU
Network - Ethernet - Intel100PROVE
Fix - All
Video - nothing
Application - ASU,Kext Helper,OSx86Tools,Pacifist,Transmission
------------------------

さっきToHでインストールしたら、「Boot0: Error」の表示で起動失敗しました。何が原因なんだか…。
その前にiDenebでChipsetとKernelを全選択したらリブート地獄。
つーかリブート地獄はマジで悪夢ですわ(汗)

システムがCeleronなのでSSE2までしか対応してないのに、DarwinのカーネルにSSE3のものが入っていたからカーネルパニックになったんでしょうかね。
という考察の元、SSE3およびAMD系のKernelはすべて除外。その結果、「Kernel 9.4.0 StageXNU」のみ選択となった。
こないだも同じような選択をした希ガス。

とりあえず無事起動した場合を考えて、Boot Camp Leopard in WindowsをtorrentとかからDLしとくか。



上記システム構成でとりあえず、インストール後の起動はOK。
iDeneb v1.3での基本カスタマイズは確認できたのでヨシとしよう。あとはデュアルブートをどうするか…だな。
posted by いぐり at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108012428

この記事へのトラックバック

すぐオッキwwww
Excerpt: サイト見て興味あったから、工口ゲ買いに行くついでに見せてきた(`・ω・´) 結局盛り上がっておしゃぶりしてもらったんだけど7マソ貰えてビビったwww 工口ゲ代だけ貰うつもりだったのにプラスになりすぎて..
Weblog: こけし
Tracked: 2008-10-18 14:21

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-24 21:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。