2010年11月16日

Appleの発表まで

あと20分です。

何を発表してくれるのか楽しみです。

ビートルズという噂もある。
iPadという噂もある。
iOS4.2という願望もある。

祈るような20分。
ワクワクしすぎてガッカリするか?

いや、どちらにしても楽しみなのは間違いない。

MacBook ProとWindowsを立ち上げて、待ってるよ〜。
posted by いぐり at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

続 MacBook Pro

無事に到着しました!


image-20101006054525.png

なかなか感慨深いものがあるなぁ…。


image-20101006054735.png


iPhoneとの相性はいいだろうから、今後はこっちにデータを移行してから同期設定をしていくことになりそうだ。

これでうちには、WindowsXP、Windows7、MacOSの3つのOSがひしめく環境になりました。
posted by いぐり at 05:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

MacBook Pro

買っちゃいました。
分割払いですけど。

やっぱiPhone使っていくと、アプリ製作をしてみたくなる。

せっかくcocoaの本も持ってるし。

本当に頑張ってみようかな。
posted by いぐり at 23:19| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ThinkPadX40のバッテリー駆動でLeoが遅いという夢の件

そろそろThinkPadでMacOSを動かす夢が落ち着いて見れるようになったのですが、起動すると出てくる「WLAN」がセットアップもできんのに何で出てきたんだろうか…という疑問も抱いています。

あと、アダプタ起動すると別に普通の軽快さなのに、バッテリー駆動にするとムチャクチャ重くなるのはなぜだ。

どこかの掲示板には、「Windowsでもそういう個体がある」と記載がされていましたが、Windows使ってた頃はそうでもなかったし…。
BIOS設定のSpeedStepとかをいじったほうがいいんかな?

ヒマな時にやるかな…。
posted by いぐり at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

夢の続き(OSX86 Leopard デュアルブート編)

どうにもWindowsXPとのデュアルブートが上手くいかず、何度目かの再インストールとなった。
もうインストール作業も手馴れてきた感じがある。

ハードウェアのシステム構成は変更なし。
OS等のカスタマイズ項目は以下のとおり。
iDeneb v1.3を使ってインストール(ToHはまんまと失敗)

------------------------
【iDeneb v1.3 10.5.5】
パーティションはMBRで作成。
160GBを51GBで3分割し、disk0s1に「Leopard」と名づけてOS Xを投入。
残りのdisk0s2、disk0s3はWindows用にMS-DOSフォーマットにした。気が向いたらパーティションのサイズを変更して、Mac用のドライブに25GBくらいは引っ張るつもり。

【カスタマイズ】
言語環境: Nothing
追加フォント: Nothing
X11: Nothing

Patches

Audio - AC97Audio
Chipset- AppleNForceATA,ICHx Fixed
Kernel - Kernel 9.4.0 StageXNU
Network - Ethernet - Intel100PROVE
Fix - All
Video - nothing
Application - ASU,Kext Helper,OSx86Tools,Pacifist,Transmission
------------------------

さっきToHでインストールしたら、「Boot0: Error」の表示で起動失敗しました。何が原因なんだか…。
その前にiDenebでChipsetとKernelを全選択したらリブート地獄。
つーかリブート地獄はマジで悪夢ですわ(汗)

システムがCeleronなのでSSE2までしか対応してないのに、DarwinのカーネルにSSE3のものが入っていたからカーネルパニックになったんでしょうかね。
という考察の元、SSE3およびAMD系のKernelはすべて除外。その結果、「Kernel 9.4.0 StageXNU」のみ選択となった。
こないだも同じような選択をした希ガス。

とりあえず無事起動した場合を考えて、Boot Camp Leopard in WindowsをtorrentとかからDLしとくか。



上記システム構成でとりあえず、インストール後の起動はOK。
iDeneb v1.3での基本カスタマイズは確認できたのでヨシとしよう。あとはデュアルブートをどうするか…だな。
posted by いぐり at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。